投稿者 : 中野方振興事務所 投稿日時: 2018-05-07 17:53:41 (30 ヒット)
 平成30年5月3日(木)に恵那市中野方町にある笠置神社にて、春の例大祭が行われました。
午前中は子供神輿や女神輿、男性の神輿などが町内を練り歩きました。
 午後からは、神事の豊栄の舞・浦安の舞を中学生が披露した後、中野方音頭やめれた囃子、杵振り踊りが披露されました。伝統ある地元のお祭りに、町内全体で盛り上りを見せました。

        浦安の舞を披露する中学生

        杵振り踊りとめれた囃子

投稿者 : 中野方振興事務所 投稿日時: 2018-04-10 18:17:38 (78 ヒット)
自然に囲まれた田舎ならではの体験ができる婚活イベントを用意しました。
今回は笠置山ウォーキング。マイナスイオンたっぷりの森の中をみんなでわいわい散策。
心も体もリフレッシュしながら、恋のお相手探し。
共同作業を繰り返す中で、お互いの信頼関係を築き恋を育みませんか。
※遠方の方はJR恵那駅まで送迎致します。

いなかのほうDE恋を実らせ隊チラシ.pdf
いなかのほうDE恋を実らせ隊申込書.pdf
※イベント名が「農作業DE恋を実らせ隊」から「いなかのほうDE恋を実らせ隊」へ変更となりましたが、申請様式は過去と同じものを使用していますので、ご了承ください。

投稿者 : 中野方振興事務所 投稿日時: 2018-02-23 16:35:35 (66 ヒット)
中野方地域協議会では毎年先進地の取り組みを学び、
まちづくりへ活かすための視察研修を行っています。
 今回は、農の多面的機能支払い交付金の活用と仕組みを学ぶために、
三重県多気町と農泊事業を推進するために、三重県大紀町へ行ってきました。

多気町は世界かんがい施設遺産登録、
国の登録記念物に選定されている立梅用水があります。
 この農業用水を軸に勢和地域資源保全活用協議会が資源の保全を進め、
その資源を活用して、特に小学校の地域授業と繋げ、
次世代の子供たちを地域で育む活動を一連の流れで行っていること、
更には研究所の協力のもとGoogle earthなど情報通信機器を活用し用水、
獣害の対策を見える化、小水力発電を加工場の一部で利用したり、
防災面でも小さな拠点づくりの発電を担っていることなど、
まさに多面的に関連させて機能を発揮されている点で、参考になりました。
大紀町では、
①野原村元気づくり協議会が、廃校を体験交流や加工場に利用していること、こちらも小学校の地域授業の中で地域の宝は「お茶」であることの気づきからお茶の商品開発を小学生と行い販売していること。
②日本一のふるさと村は、大紀町で1番目の農家民宿。大事なことは人としての関係性、遠くの孫が来てくれたとの思いで受け入れていること。また、一昔前までの遊びや暮らしを伝えられる最後の世代として、農泊を通じて子供たちに伝えてたい思いがあること。
③最後に大紀町地域活性化協議会からは、商工会、役場との連携、協力を得て設立されたこと、始めは1軒からのスタート、5年間で16軒が開業、これにより80人の受け入れが可能になったこと、更にインバウンド事業にも展開していることなど、農泊だけではない、まちづくりとしても今後の方向性に参考になる視察でした。
 
 今回の視察研修が、参加された皆さんの「やればできる」「やってみよう」と行動への一歩になればと思います。
 

投稿者 : 中野方振興事務所 投稿日時: 2018-01-22 12:00:00 (91 ヒット)
1月21日に中野方コミュニティセンターにて第9回「中野方新春かるた取り大会」が開催されました。最初に「お話の会やまびこ」のメンバーによる本と大型紙芝居の読み聞かせがありました。その後、百人一首の部(小学生限定で低学年の部・中学年の部・高学年の部)と中野方かるたの部(参加者全員)の2部構成でかるた取り大会が行われました。

【百人一首の部(優勝)】低学年の部:遠山沙与さん50枚、
           中学年の部:鈴村のえみさん31枚、
           高学年の部:鈴村起俐さん42枚

どの学年も僅差で白熱した試合となりました。
中野方かるたの部では2回戦行い、合計の枚数で競い合いました。

【中野方かるたの部(優勝)】樋田莉子さん59枚


中野方町で意見を出し合い作成された郷土かるたである「中野方ふるさとかるた」の句は、大人には懐かしく、子供には中野方町を知るきっかけになります。今後も、かるた大会をとおして郷土愛を深めていくことができればと思います。

  中野方新春かるた大会「中野方かるたの部」様子

投稿者 : 中野方振興事務所 投稿日時: 2017-10-02 17:00:00 (3622 ヒット)
第3期「農業DE恋を実らせ隊」募集中です!
「農作業DE 恋を実らせ隊」は、農作業を通して結婚相手を見つけることをサポートする恋活イベントです。
自然に囲まれた田舎ならではの体験ができる婚活イベントを用意しました。

1期(半年)3回開催し、期間中、女性スタッフがあなたの恋活・婚活をサポートします。
初めての方も大歓迎‼️スタッフがサポートするとともに、みんなで作業することですぐに仲良くなれます。1回のみの参加も可能ですが、継続参加することで成婚のチャンスが拡がります。
共同作業を繰り返していく中で、互いの信頼関係を築き、恋を育んでみませんか。


参加には事前申し込みが必要です。参加希望の方は規約を確認のうえ、「農作業DE恋を実らせ隊」実行委員会まで申込書をご提出ください。
第3期農作業DE恋を実らせ隊 チラシ
農作業DE恋を実らせ隊 申請書
農作業DE恋を実らせ隊 参加規約
※規約につきまして「参加費について」「参加費用」「開催方法」を一部変更しました(H29/1/31)



問い合わせ先「農作業DE恋を実らせ隊」実行委員会
岐阜県恵那市中野方町3470-3「そぼ酒房山びこ」内 担当:山内
TEl. FAX 0573-23-2070  E-Mail yama.since.1966アットマークezweb.ne.jp
(アットマークを@に変更してください)
 

(1) 2 3 4 ... 19 »