いいなか 体験しよう!

恵那市の北側、笠置山の周りを囲むようにある3つの小さな町。飯地町(いいじちょう)、中野方町(なかのほうちょう)、笠置町(かさぎちょう)。3つの町の頭文字をとって、いい(飯)な(中)か(笠)。「いいなか・いなか・いいなかま」という意味が込められています。3つの町がそれぞれの特徴を活かし、様々な取り組みをしています。ぜひ体験してみてください。